留学生インターンシップ

九州は、他の地方と比較して留学生数が多く(全国の12.2%)、年々増加しています。
また、留学生の多い大学のトップ10に九州大学など3大学が名を連ねています。
しかし、九州の企業に就職している留学生は5.7%で、多くの留学生が三大都市圏、とくに東京都で就職をしています。九州の企業は、留学生の多さという地域のポテンシャルを生かしきれておらず、大きな機会損失をしています。

そこで、九州インターンシップ推進協議会の「留学生夏季インターンシップ」では、九州の優秀な外国人留学生を対象とした、九州の地元企業におけるインターンシップを実施します。九州の企業と留学生の間の、就業・就労・組織・インターンシップに関する考え方のGAPを埋めるための有効なツールとして、相互にとって留学生限定のインターンシップへの挑戦が大切です。
九州の企業と留学生の方々のご参加をお待ちしております。

留学生インターンシップの意義

留学生

  • 日本企業の独自文化、長期的な経営戦略、おもてなしに基づいた企業理念、ナレッジマネジメント、チームワークなどを学ぶ
  • キャリア教育・専門教育、高い職業意識の育成
  • 自主性・独創性のある人材の育成:「社会人基礎力」「基礎的・汎用的能力」

企業

  • 留学生の企業に対する理解の促進、魅力発信
  • 海外ビジネスの新たな展開に向けた知見構築
  • 外国人と働くことや異文化コミュニケーション経験による意識改革
  • 外国人採用に向けたネットワーク構築や社内の体制整備等

対象

募集企業
将来的に留学生の採用を検討している企業20社限定
参加学生
当協議会の30の加盟大学を中心とした九州の外国人留学生
実施期間
2017年9月11日(月)~9月15日(金)5日間(期間調整可)

企業の方はこちら

留学生の方はこちら

ページトップへ戻る